祝電を贈る

ハートのギフトと花びら

結婚式に呼ばれたけれど、何らかの理由で參加できない場合に贈るのが祝電です。電報は昔から存在していて、現在ではニーズに合わせて様々な祝電が用意されています。サービス会社も増えています。

Read More

結婚式場を決める

見つめ合う花嫁と花婿

結婚式場は様々な種類があるので、夫婦となる2人でどこがいいのか決めていきましょう。ビーチリゾートでの式も増えてきています。立地や演出内容、予算に合わせて選んでいきましょう。

Read More

マナーも守って利用する

写真用フレーム

格安な宿として、ゲストハウスが存在します。日本人だけでなく、様々な人種の人との出会いがあるのもゲストハウスの魅力です。共同施設も多いので、利用する人がしっかりとマナーを守る必要があります。

Read More

二次会を企画

花束

結婚式のときには、二次会が行われることがほとんどです。その二次会には幹事が必要となります。幹事がいることによって、二次会がスムーズに行われていきます。幹事には様々な仕事があります。

Read more

結婚式で着るもの

青いリボンを付ける贈り物

結婚式で女性はドレスを着ますが、男性はタキシードを着るのが一般的です。近年ではウェディングドレスと同じように、様々な色やデザインのものがあります。レンタルで着ることも出来るようになっています。

Read more

オススメリンク

祝電の魅力

お祝い

結婚式の祝電。頂くととても嬉しいですよね。そんな祝電と言えば、少し前まではNTTの「115」か郵便局の「レタックス」でしたが、最近は法改正により様々な企業が電報事業に参入してきました。そのため祝電のバリエーションも多様化し、申し込みもネットで行うものが主流となっていきました。  ネットで申し込むメリットは、まず台紙もギフトも様々な物があるので選択肢が多いこと、また文章のフォントも選べてレイアウトの確認も出来ることでしょう。電報の専門店もたくさんありますし、見ているだけでも楽しいものです。バルーン電報のようなインパクトのあるものであれば、結婚式でも目立つこと請け合いです。  祝電は選ぶ方も楽しめるようになった時代と言えるでしょう。

 電報事業の法改正により、電報のバリエーションも多彩なものになりました。  結婚の祝電であれば先述したバルーン電報をはじめ、オルゴールや漆塗りの小箱、プリザーブドフラワー、喋るぬいぐるみなどです。またトレンドを押さえるのも早く、昨年大ヒットした映画「アナと雪の女王」のオラフのぬいぐるみ電報が人気です。  また数年前からリカちゃん人形の電報が流行しています。毎年リカちゃん人形が着ているウェディングドレスはデザインが変わり、楽しみにしている人も多くいます。面白いのは結婚の祝電としてだけでなく、女性へのプロポーズや自分へのご褒美として利用する人も少なくないという事です。  今や特別なイベント以外にも使われる電報。実に奥が深いものですね。